コラーゲン 化粧品

コラーゲン入りの化粧品

いまや、コラーゲンが化粧品に使われているのはめずらしいことではありません。
コラーゲンの知名度が上がって美肌効果が知れ渡り、コラーゲンが入った化粧品というだけで
売り上げがアップすることさえあるようです。

何より、アンチエイジングの浸透がコラーゲン配合化粧品を増やしているのではないでしょうか。

アンチエイジングは直訳すると「若返り」という意味です。
本来、人間は歳を重ねる生き物であって、若返ることは有り得ません。
しかし、女性の美意識が高まり、スキンケアや食生活の改善をすることで老化を完全に
止めることは無理でも可能な限り遅くしようという考えが広まりました。
これが美容におけるアンチエイジングです。

肌のツヤやハリは若さの象徴ですよね。
そんなツヤやハリと深く関わっている美容成分がコラーゲンなわけで、コラーゲンが化粧品に
使われるようになったのは至極当然のことなのかもしれません。

さて、コラーゲン入り化粧品を使うのとコラーゲンを経口摂取するのはどちらがアンチエイジング効果が高いのでしょうか?

結論から言うと、それぞれにメリットがあるため、どちらのアンチエイジング効果が優れていると断言することはできません。

まず、コラーゲン入りの化粧品を使った場合、肌から体内に浸透するということはありません。
しかし、肌をうるおします。
乾燥は老化現象を引き起こしますから、肌をしっかりとうるおしてくれることは立派なアンチエイジング効果です。

また、食品あるいはコラーゲン製品を経口摂取した場合、単純に体内のコラーゲン量を増やすだけでなくコラーゲンの合成を助けます。
体内のコラーゲン量並びにコラーゲン合成量を増やすのも、もちろん、アンチエイジング効果です。

コラーゲン入りの化粧品とコラーゲンの経口摂取を、できれば、両方行う。
それがベターなスタイルなのかもしれませんね。

保湿力2倍の生コラーゲン【ニッピコラーゲン化粧品】
スキンケアクリーム