コラーゲン アトピー

コラーゲンはアトピーに効果がある?

コラーゲンはアトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果があるそうです。

アトピーと言えば、皮膚に起こるアレルギーであり、皮膚疾患です。
コラーゲンは医薬品でもないのになぜアトピーの症状が緩和されるのでしょうか。

アトピーの症状のひとつにドライスキンというものがあります。
直訳すると「乾いた皮膚」という意味になりますが、その意味の通り、
皮膚が乾燥しやすいもしくは常に乾燥状態にあるのです。

ただ乾いているだけならまだしも、痒みを伴います。
たかが痒み、されど痒み。
蚊に刺されて痒くて眠れないとかイライラするといった経験が誰しもあるはずです。
そんな痒みがいつもあったとしたら、それはそれはつらいものなんです。

話をコラーゲンに戻します。

コラーゲンは、コラーゲン自体が保湿効果を持っていますし、皮膚の中においては
保湿成分であるヒアルロン酸を包み込んでいてヒアルロン酸が逃げないようにしていて
結果的に保湿に役立っています。
アトピー肌は保湿力の低い肌なわけですから、コラーゲンによって保湿力を高めてあげる
ことでドライスキンは改善します。
よって、コラーゲンはアトピーに効果を発揮すると考えられるようになりました。

実際、アトピー体質の人がコラーゲンを経口摂取するようにしたところ
ドライスキンが改善されたという話は多数あります。
また、関節などドライスキンの酷い部分にコラーゲン入りの化粧水・ジェル・クリームなどを
塗ることでもドライスキンは改善されたそうです。

正直な話、コラーゲンがすべてのアトピーに有効とは言えませんし、改善具合には個人差が生じると思います。
ですが、コラーゲンによってつらいアトピーの症状が少しでも緩和できたら良いなと思わずにはいられません。

コラーゲンではなく、ガサガサ肌に効果のある砂糖タイプの新しいスキンケア商品です。
赤ちゃんの肌に優しいと評判です。

アトピーに悩む方の間で話題沸騰中!『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』